Welcome to FBG-IS pages ようそこ光ファイバー・ヘルスモニタリング・システムのページへ
  NeoLux Inc.   有限会社ネオラクス 
会社概要 | 光計測技術-FBG | ポリイミド再コートFBGセンサー | OTDR | 光スイッチ | システムインテグレーション | English | ニュース | お問合せ

光ファイバー・ヘルスモニタリング・システム
(FBG方式によるひずみ・振動および温度の計測システム)


FBG方式の特徴


  1. FBG方式共通の特徴
    • 電磁波や放射能の影響を受けないため悪環境にある設備や送電線近傍のモニタリングに最適
    • 光通信の波長帯を使うことにより1本の光ファイバーで数km〜数十kmに渡る範囲の多点計測が可能
    • センサー部が長期安定性に優れた光ファイバーで構成されている
    • センサーが小さく生理学的な適合性もあることから生物医学工学分野にも応用可能

  2. AOS社製FBG方式の特徴
    • 精度±2pm,分解能1pmと高性能
    • 1チャンネル(1本の光ファイバー)当たりのFBG数は1個から64個まで対応可能
    • 最大スキャン周期が5kHzの単センサ・モニタと200Hzの多センサ・モニタから選択可能
    • 高速・高信頼性MEMSスイッチにより最大88チャンネルまで対応可能
    • 自動校正機能により長期信頼性を維持可能
    • インターフェースとしてEthenet, RS232C, USB, アナログ出力から選択可能
    • 用途に合わせフィールドタイプ,標準タイプ,PC内蔵タイプから選択可能
    • 光源,FBGセンサー共に800nm〜1610nmの範囲でカスタマイズ可能
    • FBGセンサーは10,000μstrain(1%)の引張り歪まで使用可能
    • FBGセンサーはパッケージングも含めUTCライセンスを取得済み

    FBGセンサ波長モニタのトップへ


* 無断転載禁止。
* リンクされる場合はこのページ(FBGセンサ波長モニタ)にリンクして下さい。
* 光通信・光計測に関するご意見・ご質問等がございましたら お問合せからご送付下さい。