Welcome to FBG-IS pages ようそこ光ファイバー・ヘルスモニタリング・システムのページへ
  NeoLux Inc.   有限会社ネオラクス 
会社概要 | 光計測技術-FBG | ポリイミド再コートFBGセンサー | OTDR | 光スイッチ | システムインテグレーション | English | ニュース | お問合せ

多様な光ファイバー計測を可能にする光スイッチ

   シングルモードファイバー(SMF)やマルチモードファイバー(MMF)などの光ファイバー網を活用した大規模センシングシステムにおいて光スイッチは不可欠なパーツです。 当社では、理論上消耗しない信頼性の高いMEMS光スイッチや、比較的安価な機械式スイッチを組み合わせて、お客様のニーズに合致したシステムをご提案致します。

信頼性の高いMEMS光スイッチ

Sercalo社 MEMS光スイッチ   (画像をクリックしてご覧下さい)
   当社が推奨するMEMS光スイッチは、実績豊富なスイスのSercalo社の光スイッチです。 Ethernet, GPIB, RS232, Parallelインターフェースなどで制御することができ、19インチパネルにそのまま取り付けることができます。 しかも、Telcordia 1221信頼性基準を満足していますので、安心してご使用頂けます。
1xNタイプの光スイッチでは最大1x48ポートまで製造可能です(日本での稼動実績は1x24まで)。 NxMタイプの光スイッチでは最大8x8ポートまで製造可能です。 1x2のMEMS光スイッチ単体のスイッチングスピードは1ms程度以下ですが、 インターフェースを持つ一般的な多チャンネル用のスイッチングスピードは20ms以下となります。
光コネクタを背面に配置したMEMS光スイッチ   (画像をクリックしてご覧下さい)
   19インチラックの前面スペースは意外に狭いので、前面に光コネクタを持ってくるとかなり窮屈になります。 このため、左図のように背面に光コネクタを持ってくるケースが多くなっています。

前面の半透過液晶ディスプレイ   (画像をクリックしてご覧下さい)
   前面の液晶ディスプレイは半透過型になっています。 通常、液晶バックライトの寿命は、50,000時間〜60,000時間ですので、連続稼動タイプの光計測機器の寿命(100,000時間以上)に比較するとかなり短くなります。 このため、連続監視の時には、通常バックライトを消して使用することにより長寿命を実現します。 半透過液晶ディスプレイですので、バックライトを消しても容易に認識することが可能です。
詳細は、Sercalo社 MEMS光スイッチ仕様をご覧下さい。
   OTDR計測器FBG計測器を用いた計測システムに NxM 光スイッチを導入することにより、 冗長システムにすることができます。 MEMS光スイッチを使用したアプリケーションのカスタマイズも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

* 無断転載禁止。
* リンクされる場合はこのページ(FBGセンサ波長モニタ)にリンクして下さい。
* 光通信・光計測に関するご意見・ご質問等がございましたら お問合せからご送付下さい。